初心者の楽器選びの重要性 安物買いの夢失いはやめよう 自分の為の投資

楽器も人生も楽しみたいなら良い物を 目次

f:id:bakibakibass:20180317031035j:plain

ベースを弾いて20年

 

音楽学校にも通いましたし、仕事として弾いたりすることもあるわたくしポング。

 

このあたりについては以前にも記事にしましたが、話の流れとしても分かりやすいように再び動画リンクをのせておきます。

 

Broken By The Scream - 「oh!my!ME・GA・MIに恋してる!」(Official Music Video) - YouTube

 

[Official Movie] Roman so Words 2nd Live Digest - YouTube

 

お世辞にもルックスが良いとは言えない身であるわたくしポング。

背も低いですし小太りです。ひたすら地味です。

 

見栄えに関しては、

 

「悪い!」 

 

と正直に評価した方が話は早いでしょう。

華やかさを求めて使う人材ではまったくありません。

 

でもまぁ、そんな人間でも続けていれば何かが形になったりもするし、「ベース弾いてくれ」とか「講師やってみない?」と呼ばれたりすることもあるのだから世の中は面白い。

 

好きなこと、楽しいことは続けてみるものですね。

 

【スポンサーリンク】
 

なぜ20年以上も続けることができたのか?

  

まずここについてですが、これはもうほんと、

 

『楽しいから』

 

という理由につきますね。

 

音楽だけに限らず、すべての物事において「楽しい」とか「好きだから」という感情は不可欠なものでしょう。

 

しかしここで、「楽しい」という話の問題だけで終わらせてしまうのでは、会話としてもブログとしても面白くないし、ひとつの思考停止でもある気がします。

 

「なぜ楽しかったのか?」

 

ということについて、もう少し踏み込んでみたいところ。

 

田舎住まいで贅沢してた

 

実はこれが凄い大きいんじゃないかと思います。

要するに好きなように音を出せるんです。

 

さすがに、朝も夜中も関係なく爆音出すとかそんなことはできませんが、普通だったら近所迷惑間違いなし、事案発生ってぐらいの音量に普段から触れていますので、それが本当に自分にとって重要なポイントですね。

 

「良い音で楽しく弾ける」

 

というのがものすごく大きい。

 

また、兄が元々プロで弾いていた為、そのおさがりでベースを貰うこともできたのも大きかったですね。

おかげで様々な知識を手に入れることもできました。

 

ベースを始めたのは中学生の頃ですが、始めて1年で10万ぐらいのものとか使ってましたし、アンプもでかいのを使って気持ちよく弾いていたわけです。

 

成績が加速度的に落ちていったのはどうかと思いますが、ま~ほんと、夢中になって弾いていましたね。

 

中学時代に相方みたいなやつもいましたが、そいつの家もやはり、かなりの大音量を鳴らせる環境。

それこそドラムも叩けましたし、親父さん自身がギターを弾くので一緒になってよく遊んでいたのを覚えています。

 

ちなみにそいつもギターを弾き続け、今では講師もやっています。

ま~、奴も学生の頃から自分への投資を惜しまない人間でしたね。

 

高校生なのに平気で20万のギターとかアンプを使ってました。

 

安物は実は初心向きではない

 

長く続けている身ですがこれで、

 

「20点セットで19800円!」

 

みたいなやつで頑張ってたらもう絶対に続かなかったでしょうね。

 

「楽器弾いてみたい!」

「弾けるようになってみたい!」

「音楽をもっと楽しみたい!」

 

こういった想いや希望を1万~2万の金額で失ってしまうのだとしたら、それはとんでもない損失です。

お買い得どころか、めちゃくちゃ高くて不毛な買い物をしたことになるはず。

 

上達しない、楽しくない、ぜんぜんモノにならない。

その原因が実は楽器の方にあるかもしれないのにもかかわらず、

 

「才能ない・・」

「自分は駄目だ・・」

「音楽って難しい・・・」

 

と諦めてしまうのはあまりにも悲しすぎる話。

 

また、よく聞く話ですが、「安いから気軽にやめられる」なんて考え方をするのも、自分は反対です。

それで自分の中にある夢や憧れを潰してしまう可能性があると考えれば、賢いどころかものすごくつまらなく愚かな選択だと気付くでしょう。

 

今回のタイトルにもなっていますが、安物買いの銭失いプラス、

 

『安物買いの夢失い』

 

これだけは絶対に避けた方がよい。

きちんと環境を整え投資をすれば、それが必ず結果となってかえってくるはず。

 

【スポンサーリンク】

 

安物が才能を潰す・将来を潰す

 

【JIRAUD BLACK CLOUD】

もう少しで10年弾いていることになる自分の愛機です。

f:id:bakibakibass:20180312015821j:plain

  

トータルすると軽く50万は超える楽器ですが、恐らくは一生弾き続けるであろうことを考えれば、こんにお買い得で安いものもなかったと納得・満足しています。

 

まぁいくら何でも、いきなりそんなクラスから始めるというのは無茶だと思いますし、それを人に押し付けるつもりもありません。

 

でも、これだけは言えます。

 

良い楽器というのはそれだけちゃんと

 

努力の成果が分かる

 

からこそ素晴らしい価値があると。

 

初心者向けの楽器のその多くが反応が悪かったり、弾き手の要求に答えてくれないものです。

つまりは変化がないから弾いててとにかくつまらない。

 

音が悪いというのも致命的な要因ですが、

 

上達した実感

 

をなかなか得られないのが辛い。

そりゃ、やめたくもなります。

 

また、当然のことながら、「弾きやすいように」という心配りや良心を期待するのも難しい為、実はプロでも弾いてて嫌になったり、めちゃくちゃ疲れるものだったりするわけですね。

 

つまりは、

 

「全然初心者向きじゃない」

 

と考えて良いでしょう。

上級者が弾いたって嫌になるものばかりなのが現実。

 

安物買いの夢失い

 

決して大袈裟な話ではなく現実によくある事例であるはず。

そしてこれは音楽に限った話でもないでしょう。

安いからと言って人生の楽しみを失ってしまう選択は避けるべきです。

 

ちゃんとした楽器を弾けばそれだけ結果になる、楽しくなる、その実感があるからこそ、自分のような社交性の薄いオタクでも20年以上ベースを続けることができました。

 

何の世界でもそうですが、

 

「まずは良い道具を揃える」

「良いもので純粋に楽しむ」

 

これが本当に大切なことだと言えるはず。

 

ついつい、才能の問題や情熱の問題に思考を持っていってしまいがちなものですが、そこに盲目的になったり幻想を抱いたりするのもどうなのかと言いたいところ。

 

自ら現実を厳しくしたり、そこに気付かず卑下したり、それは単純にもったいないし悲しいですよね。

そんな大変な思いをしなくても楽器は弾けるようになるし、辛い方にばかり考えようとする必要もありません。

 

今の時代、上手くなるための情報がたくさん存在していますし、良いものを使って楽しくコツコツやってれば絶対に上達できるようになっていますね。

 

これから楽器を始める、音楽に興味がある方がいるのであれば、その憧れを持っている分だけ、自分へちゃんと投資してあげることを強くおすすめします。

 

上手く続けることができれば、こんな低出費で楽しく生きられるようになるものもありません。