ガルパン最終章 第1話の感想  BD購入記念

ガールズ&パンツァー 最終章 目次

f:id:bakibakibass:20180326190442j:plain

 

※ネタバレ無し気味にしているつもりですが、情報を完全シャットアウトしたい方は気を付けて下さい。

 

え!ここで終わり!?

 

たぶん見た人のほとんどが思うんじゃないでしょうかね?

 

「早く続き見せろ!」

 

そうなりますわなこりゃ。 

待望の続編、ガルパン最終章、その第一話です。

 

全六話と聞いていた中、思ったよりもノンビリした進行に感じたのもちょっと驚き。

このあたりについては、劇場版よりも本編のノリで見た方が良いかもしれませんね。

本当にまだまだ始まったばかりという印象が強かったかなと。

 

次回がいつになるのかは分かりませんが、丁寧にやっている分だけ恐らく、一気に盛り上げてくるんじゃないかと期待が膨らむところですね。

 

大音量にして耳をエライことにするのもこの作品の醍醐味。

熱っつい戦闘シーンがバンバン繰り広げられることを期待します。

 

後、個人的な願望、ダー様が大活躍してくれることを希望する次第。

もうひとつ言うと、エリカもね。

 

ガールズ&パンツァー 最終章 第1話(レンタル版)

新品価格
¥648から
(2018/5/3 16:58時点)

新登場 サメさんチーム

 

学園艦の底に存在する無法地帯。

 

要するに超がつくほどの不良達が住み着く世界です。

その中からサメさんチームが新たな戦車と共に参戦。

 

これはあれですね。

『コータローまかりとおる』【D地区】を思い出してしまいましたね。

 

おっさん、それもごく一部にしか伝わらなそうな例えで申し訳ないですが、分かる人には分かるはず。

 

超巨大学園の中にある法の外、あれが出てきた感じです。

 

まぁ、こういう学園物の定番っちゃ定番ですが、その超不良グループがなんと、あのポンコツ桃ちゃんのために参戦ってのが面白いところ。

 

いや、いいですね。

 

桃ちゃんが覚醒するのか、バンバン活躍するのか、それともポンコツのまま突っ走るのか、今後また楽しみなポイントでしょう。

 

新登場の戦車はまさかのあれ

 

新たに加わったサメさんチーム。

 

使用する戦車はなんと、

 

『 Mk. IV 』

 

ヒストリーチャンネルかなんかで見ましたが、世界初の戦車と言われる代物の改良型だそうな。

菱形のなんじゃこりゃって見た目のやつです。

 

で、劇中の活躍はと言うと、

 

「それやりたかったんかい!」

 

とツッコミたくなる役割を担うことに。

 

まぁでも、成す術なくいきなり退場ってのとは違うのが嬉しい限り。

普通に活躍どころかピンチを突破する鍵になっています。

アリクイさんチームの初陣はけっこう悲しかったですからね。

 

初参戦にして重要なサポートを果たすこのマークIV。

今後の活躍にまた期待できる・・・はず。

 

たぶん。

 

【スポンサーリンク】
 

一回戦の相手はBC自由学園

 

誰がどう見てもフランスです。

なんのひねりもなく分かりやすく素晴らしい。

 

メインの生徒がどう見てもベルばらのあれだろってのも笑ってしまいます。

 

『マリー』『押田』『安藤』

 

名前もまんまですね。

ちなみに安藤は黒髪です。

 

このへんが実にガルパンって感じですよね。

いかにもアメリカ、いかにもロシア、いかにもフランス。

もはや偏見だろってぐらいのその超安直さと潔さがお見事。

 

『OH!NINJA!』

『OH!SAMURAI!』

 

このノリで見れて良い。

安心してエンターテインメントの世界に楽しく浸れます。

 

理屈抜きでも教養があってもハマる

 

登場人物にしても所属する学校・お国にしても、その元ネタや背景を知ってるともっと面白くなるんだろうなと見る度に感じるところ。

 

もっと言えば、戦車や歴史的背景はもちろん、映画やドラマ、漫画・アニメでもなんでも、そういった様々な教養を備えていると、またさらにニヤッとできるところが増えるのだと想像します。

 

実はめっちゃマニアックだったり、マジで細かいですもんね。

このへんについてはほんと、劇場版のミリタリーコメンタリーとか超面白かった。

ガチな大人達がわいわい・がやがやと盛り上がって解説してるのが楽しすぎます。

 

『ガルパンおじさん』

 

という言葉をよく聞きましたが、いや、分かりますよこれ。

こんな面白いアニメなかなかあるもんじゃない。

いい年こいた大人共が本気で楽しんでるってのが素晴らしいですね。

 

そして格闘技好き・プロレス好きだったら、

 

蝶野正洋

 

この人の存在も外せないでしょう。

誰が何を言おう「ガルパンは普通じゃねーぜ!」ってのが分かります。

 

『コマンドー』とかが好きでも絶対受け入れられるはず。

 

入門なら劇場版がおすすめ

 

前述の通り、ちょっとノンビリした印象もあったのが最終章第一話。

最初からガンガン戦いまくってるという意味では、劇場版の方が分かりやすく楽しめるでしょう。

 

正直言いますと、本放送はまったく見ていなかった自分。

劇場版から入ったクチですが、ま~、そのあまりの面白さにひっくり返ってしまった次第。

 

通常の感覚でツッコミを入れると

 

「戦車道ってなんだよ!」

「なんでJKが戦車乗ってんねん!」

「どんな文化圏だよこれ!」

「建造物損壊ってレベルじゃねーぞ!」

「どんだけでけー船に住んでんだよ!」

 

「そもそも死ぬだろ!」

 

こうなります。

他にもまだまだ荒唐無稽なところが沢山出てきます。

 

でもいいんです。

すぐに分かりました。

 

「あ、こういう世界なのね。」

 

これで納得。

 

あーだこーだ言うのは野暮です。

つまらない。

飯がまずくなります。

 

面白ければいい

 

ここに全振りしてる潔さっぷりにハマりました。

作ってる方も遊んでるの楽しんでるの分かりますもんね。

珠玉のエンターテインメントです。

 

ガールズ&パンツァー 劇場版

新品価格
¥540から
(2018/5/3 16:59時点)

全巻+OVA+劇場版+最終章

揃えました。

ぜんぶ観ました。

鉄板ナポリタンも作りました。

 

今なら分かります、言えます。

 

ガルパンはいいぞ!