ポングの笑い場

ベースオタクの息抜きだべり場・遊び場

ネギが食べられなくても安心なカップラーメン (1) 定番カップヌードル

ネギなしで選ぶカップヌードル 目次

f:id:bakibakibass:20180411235554j:plain

ネギが食べられない

 

amai-jinsei.hatenablog.com

 

自分がネギを食べられない人間なのは以前にも話した通り。

その利点についても話しましたが、まぁでもやっぱり、不便は不便ですね。

 

カップラーメンを食べるにしても何でもいいというわけには行きませんし、それなりに吟味してから買うのが常。

 

その心配がないという意味では焼きそばを選ぶのが楽ではありますが、そこはねぇ?

「カップラーメン食べたい!」ってのと「カップ焼きそば食べたい!」というのは別物なわけです。

 

そこで今回、ネギが食べられない人間でも安心して食べられる、と言うか、いつも自分が食べているおすすめ品を紹介したいと思います。

 

ただ、あまり長くなるのもちょっとしんどいので、今回は定番中の定番、カップヌードルシリーズから選んでいきたい次第。

 

【スポンサーリンク】
 

カップヌードル チリトマト

 

今でこそどこでも買えるような定番中の定番品ですが、始めて見た時は「なんじゃこりゃ?ゲテモノ?」なんて思ったものです。

 

まだ近所にコンビニなんて存在していなかったような時代と田舎に生まれた自分。

ゆえに初めて食べたのも小学生だったか、もっと後だったような記憶。

 

このチリトマトヌードル、誕生自体は実はシーフードヌードルより先らしいのですが、昔はなかなか置いてなかったような記憶。

 

カップヌードルと言えばほんと、しょうゆ、カレー、シーフードのイメージしか持っていませんでした。

 

ただ、その三種ってぜんぶネギが入っちゃってるんですよね。

その意味でも、自分にとっての超定番カップヌードルってこのチリトマトだったり。

ゲテモノ扱いしてたのが今では一番食べたカップラーメンにすらなってるかもしれません。

 

『トマト風味・ピリ辛・赤いスープ』って時点で相当にとんがった製品ですが、それが定番になっちゃうんだから世の中というのは面白い。

 

そしてその実力を証明するかのように、これでしか味わえない個性があるから素晴らしい。

 

ドッシリしたジャンク感、トマト風味ならではの甘みとさっぱり感、後を引く辛味によく分からない謎さなど、それらが実にバランス良くまとまっている印象。

 

麺を全部食べた後は、【タバスコ・黒こしょう・粉チーズ・ご飯】を追加して食べるのもおすすめ。

辛味が苦手ならタバスコと黒胡椒はかけないのも有りですし、そのへんはお好みですね。

 

少しでも野菜を追加したいなら、千切りキャベツをレンジで蒸して追加するのも良い感じ。

ミニトマトとかを追加するとよりさっぱりするので、それもおすすめかもしれません。

 

ただ、冷蔵庫とかに入ってるやつをそのまま入れると冷めてまずくなったり、入れるタイミングが悪いと麺がほぐれなくなるので、その点には注意を。

 

ちなみにですが、このチリトマトにはオニオンパウダーが入っているので、玉ねぎが本格的に絶対ダメだという人の場合、避けた方がよい可能性もあります。

 

どちらかと言うと自分もそっちの類の人間なんですが、まぁ、影も形もない為、さすがにそこまで行くと大丈夫みたいです。

 

味についても玉ねぎがどギツく主張する印象はありませんしね。

 

日清食品 カップヌードル チリトマトヌードル 75g 1個入り

 

カップヌードル トムヤムクン

 

逆輸入系と言うべきなんでしょうかね?

すでに新たな定番になりつつあるこのトムヤムクン味。

ネギも入ってないし自分もかなりハマっています。

 

これはほんと、上記のチリトマトよりもさらにとんがってると言いますか、

 

「酸っぱい!」

「辛い!」

「癖がある!」

 

ですもんね。

 

最初食べた時は正直、

 

「こりゃ次はないな!」

 

と思ったものですが、それがいつの間にやらハマってしまうのだから恐ろしい。

 

カップヌードルの持ってる強烈な個性と万人向きの味の両立って一体どう実現しているものなのか、非常に興味深くなるところです。

 

このトムヤムクンヌードルの持ってる絶妙さはマジで凄いですね。

冷静に考えるとよく分からない小エビが妙に豪華に感じてしまうのも、その絶妙具合を表しています。

 

実を言うと、揚げ麺のしつこさとかがあまり好きではなかったり、それでインスタントラーメンを避けることがあるのも本音なのですが、こいつに関しては酸味と辛味でそれを上手い具合に感じさせないのが素晴らしい。

 

割とマジで辛いんじゃないかと思いますが、それだけに後を引くんですよね~。

酸味もけっこう強力だからあまり重さを感じませんし、慣れると本当に癖になります。

 

これもご飯を入れて食べてしまったりしますが、特に調味料などを追加する必要は感じないかもしれませんね。

 

そのままでも充分に複雑でパンチも効いているので、後はもうほんと、好みの世界。

好きな人は好き、嫌いな人は嫌いという、そんな尖がったところがやはり魅力的。

 

なぜか無性に食べたくなったりもする、なかなか生意気な味だなと。

 

日清食品/カップヌードル トムヤムクンヌードル

 

カップヌードル シンガポール風ラクサ

 

これもトムヤムクンと同じく、逆輸入系カップヌードルなのかな?

ココナッツミルクとスパイスの組み合わせという通り、なかなか独特です。

 

実はめっちゃ気に入ったんですが、残念なことに置いてある所があまりないんですよね~。

たぶん、食べたことがない人も多いんじゃないかと想像します。

 

ココナッツミルクというのは伊達でなく、かなりクリーミーな印象。

でも、牛乳臭いとかそういう濃さや味ではなく、爽やかで甘みも感じるのがユニークなポイント。

子供向けにマイルドというわけでもなく、複雑な癖もあってこれが実に面白い。

 

油揚げが具として使われているのも独特ですよね。

油揚げ、たまご、鶏肉、香菜という、この組み合わせがなかなか独特で新鮮。

 

味付けといい、具といい、香りといい、他では食べられない存在ではないかと。

ネギも入ってないし、個人的にはほぼ満点な逸品です。

スクラロースが入ってる点がちょっとマイナス。

 

しかしいずれにせよ、売ってる所が少ないのが悲しい。

自分が見たのはスーパーの西友ぐらいだったかな?

コンビニでは見た記憶がない気がします。

 

これは本気でもっと広まってほしい存在ですね。

このまま生産終了とかは悲しすぎる。

 

まだそこまで沢山食べたことがあるわけじゃないけど、それでも十分印象に残りました。

それこそ、今までのカップヌードルの中で味的には一番美味しいってぐらいだったかも?

 

正直、軽く衝撃的でした。

 

日清食品/カップヌードル シンガポール風ラクサ 81g

 

雑談

 

他にもネギが入ってないものはありますが、カップヌードルの中では上記三種がヒットでしたね。

 

トムヤムクンとラクサは新たなスタンダードになる可能性を感じますし、特にラクサについてはもっと知られるべきではないかと声を上げたい次第。

 

もうほんと、美味しくてネギが入ってないって自分にとって最高なわけなんですよ。

何も気にせずお湯をかけるだけでOKという、まさにインスタントで手間いらずなのが嬉しい。

 

せっかくのカップラーメンなのにまずネギ抜きの作業から入るとか泣けます。

 

まぁそんなこんな、他にもネギが入ってなくておすすめのカップラーメンはありますので、カップヌードル以外の製品もまた改めて紹介していきたいところ。

 

ネギ嫌いだからこそ、試しにブログ記事にしていってみたいなと。