酒呑まれが嫌い 酒が飲めなくて損はさせられるけど損をした事はない 

酒と飲み会と説教が嫌い 目次

f:id:bakibakibass:20180506222413j:plain

酒で人が変わる

 

とはよく言いますし、実際、本当にそうなる人もいるから不思議な話。

あれって何なんでしょうね?

 

酒が絡むと怒りだす、大声を出す、面倒をかけるなど、被害をこうむる付き合わされる方としてはまったく気分のよいものではありません。

 

上手に美味しく飲める人は見ていても気持ちいいんですけどね。

 

酒が飲めない身としては「この人は俺の知らない世界を知ってるんだなぁ。きっと美味しくて楽しいんだろうなぁ」と羨ましくなるものすらあるかもしれません。

 

一方、酒をストレス解消の過剰なはけ口にしたり、それに依存してしまっている人に関しては、なるべくなら近寄りたくないところ。

 

店員さんなどにも絡みだしたり、お客様は神様だとばかりに偉そうに振る舞ったり、一緒にいるこっちが恥ずかしくて嫌になります。

 

それでも自分なんかはまだ大きな被害にあったことはないので、きっと運が良い方なんでしょう。

絡み癖・喧嘩癖のある奴とかと一緒だとさぞかし最悪なんだろうと想像。

 

それの何が人生の得なのか幸せなのか、べつに理解できなくてもいいかなと。

 

【スポンサーリンク】

 

説教を肴に酒を飲むうざさ

 

酒が嫌い・飲めないと言っても、時には飲み会を避けられないこともあるのが人生というもの。

 

まぁ、そういう時は大体、仲間同士の集まりになるからまだマシなんですが、それでも長時間にわたるようだとあまり楽しくはないのが本音でしょうか。

 

とっとと帰って寝たいって感じです。

始発までダラダラとかなんにも楽しくない。

ただでさえそうなのに、鬱陶しいおっさん・おばさんがいる酒の席なんかは最悪。

 

「酒が飲めない?」

「人生損してる」

「つまらん奴だ!」

「お前の為に言ってる」

 

なんて始まるのはもうお約束ってもんでしょうかね?

なんであんなに説教が好きなのか偉そうになれるのか意味が分かりません。

普段は聞けないことがどうの言うけど、そもそもべつに興味ないです。

 

ちょっと話を聞いてみりゃ、「それあんたがアホなだけでしょ・・」とツッコミたくなる内容だったり、景気のいい昔話とか下品な話なんかもど~でもいい。

 

本音トークだかなんだか知りませんが、「家庭崩壊・子育て失敗を正当化してるだけじゃねーか・・」みたいなのもうんざり。

 

酒の魅力を伝える方の魅力の疑問

 

なんでしょう?

 

実は一人になりたくない寂しがり屋だったりとかするんですかね?

それとも、下の人間がいないと安心できない、見下す対象がいないと自尊心を保てないのか?

 

よくもあんなくだらない話を夜通しできるもんだ、鬱屈してるものを他人にぶつけて喜べるものだと、逆に関心してしまう気すらしたり。

 

それで割り勘で結構な金額払わなきゃならんとか、時間を無駄にしてただ疲労して損するだけとか、ほんと、酒ってもんが嫌になって仕方ないところ。

 

呑まれている人間、ひたすら上から目線の人間からはな~んも酒の魅力が伝わってきません。

 

ただただ不快な思いをするだけ、そいつも酒も嫌いになるだけ。

 

酒で人生を壊すのは美談でもなんでもない

 

世間のニュースにはあまり詳しくありませんが、それでも耳に入る目にも入るものはあります。

 

なんだか、凄い大物がやらかしちゃったみたいですね。

詳細は知りませんが、酒も絡んでたとかなんとか。

こういうのを見る度に本当、酒で人生の何を得するのだろうかと強く疑問に。

酒は言い逃れの口実だったとしても、そういう風に利用できてしまうのも疑問。

 

その人がどうなのかは当然知りませんが、深刻なレベルでの中毒に陥ってたりした場合、想像以上にどうにもならなくなってしまうのかと恐ろしくなるところ。

 

それこそ音楽の世界で言えば、数えきれないぐらいの人間が酒で破滅していることでしょう。

 

ベース弾き視点から言えば、『ジャコ・パストリアス』とかそういうイメージの代表格。

もっと以前の伝説的存在である『ジェームス・ジェマーソン』もそんなイメージ。

 

どちらも晩年はあまりに悲惨であり、最悪な末路を辿ったようです。

そんな偉大なミュージシャンのことを思ってもやはり、酒には嫌悪の気持ちが湧いてきます。

薬にいたっては論外も論外、そもそも法的にもアウトで弁解の余地もなし。

 

酒だ薬に溺れるだのなんだの、それを武勇伝か美談のように扱うことも珍しくないけど、自分としてはそれの何が格好いいのかさっぱり分かりません。

 

人間、弱くて当然、欠点があって当然だとは思います。

けれど、人に害を与えてしまう行為を認めるのは違うんじゃないかと。

何より、自分を破滅させるような行動のどこが美しいのか楽しいのか粋なのか?

 

それに理解を示せと言われても同意する理由がない。

 

【スポンサーリンク】

 

酒でも飲まないとやってられない気持ちは分かる

 

・人生に不満があるのが当然

・今も先も不安が途切れることはない

・安らぐ場所もないし自由な時間もない

・ならばせめて酒で気を紛らわしたい

 

こうなってしまう気持ちというのは確かに分かります。

自らを終えてしまう人が国内だけでも数万人もいるという現実。

それを考えるだけでもこの世の中、どれだけの苦痛や苦難に満ちているのかと悲しくなる。

 

輝くような栄光を手に入れた人でも、その光から一歩下がれば暗い闇の中ということも珍しくない。

むしろ、強い輝きを手に入れてしまったばかりに空虚を感じるのかもしれませんし、人間というのは本当に脆く危ういものだと痛感。

 

そして、酒がそういった負の感情を加速させてしまう、増幅してしまうのだとしたら、非常に危険なことではないかとも思います。

 

もっと考えれば、負の感情に陥りやすい世の中と生き方というのはどうなのか?

それほど人を歪ませ苦しませる何かが満ちているというのが正しく健全なのか?

それも強く疑問になるところ。

 

自分は酒を飲めませんし、嫌いな方と思ってもらって構いません。

実際、酒絡みで嫌な目にも遭いましたし、呑まれる人間には嫌悪を抱きます。

それで人に危害を加えるならば尚更。

 

ただ、自分のコントロールを失ってしまうほどの激しい何かを抱えている、心の中に亀裂があるような状態など、そうなってしまう・ならざるを得なかったことなどへの悲しさは感じます。

 

なんでそんなに苦しみを抱えているのか、ストレスに気が狂いそうな生活を送っているのか、そんな人生に陥ることになってしまうのか、とても笑い事では済まされないものがある。

 

安易に社会のせいにするのもどうかとは思いますし、酒をあまりに一方的に悪者にするのもたぶん違うでしょう。

前述の通り、美味しく上手に飲める人楽しめる人というのは、それだけ余裕があることでもあるのかもしれません。

 

でも現実はそうとばかりもいかないことが多い。

必死に頑張ってなんとか生きている人というのがいる。

余裕も逃げ道もなく苦しんでいる人というのがいる。

せめてもの楽しみや喜びとして酒が欲しくなる人もいるはず。

 

もっと生きやすく楽しくなればたぶん、話はぜんぜん違ってくるのだと想像します。

 

美味しく楽しく食べたい飲みたい

 

『みんな明るく楽しく元気に』

 

なんて理想論も理想論、綺麗事も綺麗事。

人ってのはそんな単純なものじゃないし、何かを抱えていて当然。

自分自身、明るく爽やかにとか苦手でしゃーない人間です、

 

でもですね。

当然のごとくそれを否定するのも抵抗がある。

負の感情に支配されても仕方ないと諦めるのは違う。

それは歪みすぎ疲れすぎなんじゃないかと思います。

 

人生、もっと甘くて楽しくていいんじゃないかなと。 

あまりにもハードモードな人が多すぎる、真面目に頑張って周りにも厳しすぎる人が多い、その救いと反動を求めておかしくなってしまうことも多いと感じるわけです。

 

酒が好きなのはべつにいいんですよ。

それが美味しいというのもまったく問題ない。

限度を超えなければ生き甲斐にするのも素晴らしいことでしょう。

 

たとえ限度を超えても、それで幸せな時間を過ごしているのであれば全然違うし、共に楽しめる喜べる仲間がいるのならば尚のこと。 

ただただ現実逃避するため、自分を慰めるために呑まれて潰れてというのとは違うはず。

 

一方、酒に理解がないから、自分に理解も関心も示さないからと牙を剥くのは明らかにおかしい。

攻撃的な姿勢で強制してきて良い気分になるわけがない。

酒がなければ不安で仕方ない、苦しみから解放されないというのは危険すぎる。

 

なんと言いますか、そうやって個を認めない、自分達で行き場をなくす、依存して狂っていくからおかしなことになってしまうんじゃないかと。

 

多様性を認めない、同調させないと気が済まない、苦労・破滅を美徳とするなんておかしなことやってるから、世の中のあり方も酒の飲み方も狂っていってしまう気がする。

 

・頑張りすぎ、戦いすぎ、いもしない敵を作りすぎ

・明るいこと、楽しいこと、遊ぶことを否定しすぎ

・真面目すぎ、立派すぎ、痛いのも苦しいのも我慢しすぎ

 

これじゃ疲れちゃいますよ。

おまけに周りにもそれを求めるから余計におかしくなる。

それが良いことだ常識だ普通だって考えるから窮屈になる。

 

【スポンサーリンク】

 

酒を飲まない自由だってあっていい

 

もっと自由で楽しい世の中になったら良いですね。

不幸に酒に呑まれる人が減り、楽しい食事が増えたら素晴らしい。

 

普通にしてたって生きるのは過酷であり、絶対避けられない悲しいこともあるのが現実。

それをさらに自分達で追い詰めハードにしたって何にもならない。

 

幸福を望むのは宗教でもカルトでもなんでもない。

それをまず否定から入るのはすでに何かが壊れている証拠。

喜び、楽しみ、それが胡散臭く有り得ないと考えるのは明らかにおかしい。

 

根本的に幸せな人になれれば、もっと美味しいお酒が飲めるんじゃないですかね?

皮肉を言ってるようですが、そういうもんなんじゃないかと。

ストレスからの解放を求めて酒を飲むなら、それ、普通に病気のような気が。

 

美味しいスパイスになるどころか、万病の元にある悪質なウイルスを溜めすぎ。

ウイルスは人に感染するし、ましてや感染させようとするなら余計に性質が悪い。 

酒の魅力を語りたい、伝えたいなら、美味しく健康的な飲み物にしてはいかがでしょうか。

 

酒がなければ生きられないほど好きなのではなく、酒でもないとやってられない。

あまるに疲弊しきっていて逃げたくなるという、その状況・状態には強い疑問を抱く次第です。

 

特に、強制的・強権的な側面が強すぎる飲み会なんてものはあまりにも時代遅れであり、もはや害悪的存在とすら言えるんじゃないかと。