ポングの笑い場

ベースオタクの息抜きだべり場・遊び場

洗濯機の臭いと掃除に過炭酸ナトリウム 洗濯物には無香料の洗剤・柔軟剤

洗濯の臭い対策 目次

f:id:bakibakibass:20180409221445j:plain

洗濯機も洗濯物もくさい

 

暑くなってくると気になるのが洗濯物の臭い。

と言うか、洗濯機そのものが臭いって感じで参ります。 

言葉にしたくもありませんが、ヘドロのようなドブのようなそんな臭いに息が詰まります。

 

洗剤を変えようがなんだろうが関係ない。

機械の方からあんな臭いがしちゃってたらもう、どう洗濯したって無駄というものだなと。

 

ごまかしごまかし何とかやってきましたが、さすがに我慢の限界を超えてしまった為、重い腰を上げて掃除をすることを決意しました。

 

この現代社会、やっぱり良い情報がありますね。

こんなものがあったのかと驚かされることに。

 

【スポンサーリンク】

 

過炭酸ナトリウム

 

洗濯槽の掃除

 

まったく存在すら知らないものだったこいつ。

いや、その効果に本当にビックリしましたね。

 

「うげっ!?」

 

と声が出ます。

 

写真でも撮っておいた方が説得力が出るとは思ったんですが、冗談抜きにかなりエグイことになってしまった為、そんな画像を自分のブログに残すのは嫌だと判断した次第。

 

ま~ほんと、黒い物体やら正体不明な浮遊物やら濁りやら、信じられないぐらい湧いてきます。

 

あれ見てたら確実に飯がまずくなりますよ。

やっぱり、写真撮らなくて正解だったなと。

 

もっと言えば、「この中に入れたものを今着てるのか・・・」と青くなります。

大袈裟ではなく、全身が痒くなってしまうような気分でした。

 

これですもん、どう洗剤にこだわっても無駄だったというのがよく分かりましたね。

 

それを誤魔化すために香料のキツイ洗剤を使うとか、後から除菌スプレーをかけてまた干すとか、完全に本末転倒だなと。

 

シャボン玉 酸素系漂白剤 750g

風呂釜の洗浄にも効果大

 

洗濯機だけではなく、実はもうひとつ悩んでいたのがこっちの汚れ。

 

今まではCMなんかでも見かける定番品を使っていたのですが、どうにもそれでは効果が薄くなってきてしまった為、これもまた困り果てた次第。

 

もう、追い炊きとかすると最悪でしたね。

 

洗濯槽の汚れみたいなエゲツない色ではありませんが、浮遊する物体やらゴミが出てくるぐらいまでに汚れが溜まっている状態。

 

体にも良いはずがありません。

 

そこでまた活躍してくれたのが過炭酸ナトリウム。

完全に通販番組のノリですが、いやほんと、一発でめちゃくちゃ効いてしまって驚愕です。

 

業者でも呼ばなきゃならないかと覚悟もしていたところ、こいつがあれば何とかしのげそうだと安心しました。

 

ま~、こんな便利なものが存在していたのかと嬉しい反面、「知らなかったこんなの・・・」と、自分の無知が嫌にもなったかもしれません。

 

いや、凄いです過炭酸ナトリウム。

 

惚れました。

 

洗濯物の臭い対策

 

洗濯物の嫌な臭い

 

こう言うとまずは生乾きの方を想像するかと思います。

 

実際、あれの臭いは最悪ですよね。

夏場に汗と混ざった時の臭いなど、吐き気・頭痛がします。

自分がそうでなくとも、そんな人が近くにいると息が詰まってしまう。

 

ただ、この場で言いたいのはそれではなく、むしろ良い匂いとして扱われている存在です。

 

香料

 

自分はこれが大っ嫌い。

 

洗剤にしても柔軟剤にしてもま~、かなりどギツイやつがあるから困ります。

その匂いがしっかり残るように作ってあるのか、洗っても確実に残るんだから凄い。

本当にそんなものが体に良いのかと疑問にもなります。

 

テストはクリアしてるとかそういう問題ではなく、「はなから必要ないだろ!」とツッコミたくなるところ。

 

無香料の洗剤と柔軟剤

 

大量の香料の使用という、その点にそもそもの疑問を抱いた自分。

いくらなんでも使用が当たり前すぎておかしいだろうと。

 

で、なにか良いものはないかと探したところ、やっぱり世の中にはありますね。

ちゃんと無香料で作っているものが存在していて歓喜な次第。

ってかまぁ、こっちの方が珍しい存在になっちゃうってのも、なんか変な話なんですけどね。

 

以前に無添加石鹸の話などもしましたが、やたらと凝ろうとした洗剤があったり、それの使用が当たり前になってしまうとか、根本的に何か間違ってないかとツッコミたくなります。

 

そんなこんな、自分がよく使っている洗剤・柔軟剤は

 

ヤシノミ洗剤

 

無香料・無着色というのが良いですね。

ずばりハマった存在と言えます。

 

これを使い出してからは洗濯後の嫌な臭いに悩まなくなりました。

繰り返すようですが、あの香料ぷんぷんな洗濯物の臭いって大嫌いなんです。

 

あれに加え、汚れた洗濯槽と生乾きの臭いとか合わさったらもうしねます。

そもそも臭いものをさらに臭いもので誤魔化そうとするという地獄絵図。

 

肌がデリケートだったり小さなお子さんなどがいる方だったら、洗剤周りは一度冷静に見直してみた方が絶対に良いんじゃないかと。

 

たぶん、嗅覚や味覚にも影響があるのではないかと想像するところ。

サラヤ ヤシノミ 洗たく洗剤 柔軟剤 本体詰替えセット

強い臭いは子供の頃から嫌い

 

香水とか化粧とかその類の臭いがずっと嫌いな人間でしたが、それは正しいことだったのだと強く思いますね。

 

石鹸生活の記事の方でも話したように、自分はシャンプーやリンスをやめてからニキビが激減した人間だったりもしますし、体の正直な拒否反応なのだと考えています。

 

洗濯槽の臭いにしても、汚れもカビも何も気にしないとか、絶対に体に悪い。

 

「神経質!繊細すぎ!」とかそんなツッコミもありそうですが、いやいや、体が受け付けないもの、毒物だと認識しているものを放置する方がおかしいでしょって話。

 

それこそ、皮膚に悪影響が出てしまうような人に対してそういうことを言ってしまうのは無神経の極みではないかと。

 

その原因が強力な洗剤やそういった成分によるものである可能性も否定しきれないし、こういったものは本来、もっと慎重に選ぶべきなんじゃないかと疑問も湧いてくるところです。

 

人によっては「洗剤も柔軟剤も必要ない」と判断しても何も不思議ではない。

恐らくはそれも一つの正解のなんでしょう。

 

なんでこんなに洗剤を使用することに縛られているのか、それがあまりにも当たり前になってしまっているのか、そんな世の中にも疑問を抱きます。

 

こんなことを言ってると陰謀論じみてしまって嫌なのですが、いずれにせよ、自分に合わない洗剤が沢山存在しているのは事実ですね。

 

それを避けるようになってから明らかに気持ちよく生活できるようになりましたし、元に戻る必要とか1mmもないって感じ。

 

洗剤に対して何か不穏な心当たりや疑問があるならば、思いきって違うものを試してみるのをおすすめします。

 

臭いから解放されると本当に楽になりますよ。

それが肌の異常とかだったら尚更ですね。