ポングの笑い場

ベースオタクの息抜きだべり場・遊び場

ブログ50記事 開始4ヶ月目 累計アクセス1万PV突破 

ブログ50記事目 目次

f:id:bakibakibass:20180604214045j:plain

ブログ開始4ヶ月目と50記事

 

もっとのんびりペースでやるつもりだったのが実は本音。

ブログ書くのが面白くなって意外と更新してしまいましたね。

 

メインの方はもう少しで420記事。

まぁほんと、あわせて500記事近く書いているというのが自分でも驚き。

 

文学とか文才だのについては知りませんがとりあえず、

 

書く事が好き

 

これを疑う余地はないでしょう。

 

ブログというのは本当に面白いものだなと。

 

【スポンサーリンク】

 

 

ブログ累計アクセスは1万突破

 

2月13日に開始したこのブログ。

まだ半年にも満たない期間しか運営していませんが、想像よりも遥かにアクセスがあってビックリ。

 

なんせ開始当初って尋常じゃないぐらい人が来ないものですからね。

これはブログをやっている人なら誰でも心当たりがあるんじゃないかと。

最初は1日に10アクセスとかでも多いぐらい?

大袈裟じゃなくこれが現実だから恐ろしい。

 

読者の反応とか数字がモチベーションになるタイプの人は本当にしんどそうです。

 

めっちゃ実力のある人とかすでにノウハウがある人なら話は全然違いそうですが、そんな人達ですらSNSも何も使わない0からの勝負だったら、最初はかなり厳しいんじゃないかと想像。

 

そう考えると、このブログは意外とアクセスあるなとちょっと驚くのが正直な話。

 

まぁ、そのアクセスのほとんどは孤独のグルメの感想と漫画の話によるものなので、それを抜かしたら1日10アクセスブログかそれ以下になるのも事実だけど、いずれにせよ、自分としては想像以上な結果が出たことに間違いありません。

 

漫画やドラマの感想記事とか書いたことなかったけど、やってみるもんだなと。

 

ブログ初心者にもチャンスはある

 

モンスター級のブロガーになろうなんてまったく考えてない一方、色々な実験をしてみたいとは考えていたりします。

 

アララギ・ハイトについて語った記事なんかはまさにそれですよね。

 

「こんなもん誰が読むねん!」と思いながら書いた一方、「誰もやってないならもしかして?」みたいな期待もありました。

 

そうしたらま~、もののみごとにって感じです。

アララギハイトで検索すると笑ってしまいます。

ある意味、勝ちっちゃ勝ちですね。

意外とアクセスがあるのも笑ってしまうところ。

 

amai-jinsei.hatenablog.com

 

これと言うのは検索上位に来たからしめしめとか、狙ったことが成功した自慢をしたいとか、そういう話とはちょっと違います。

 

こんな超絶弱小ブログでもすぐに検索登録されるようになる、しかも、検索トップに食い込めるぐらいの可能性があることが分かったという、それが凄く面白いポイントだと思うんですよ。

 

以前に書いたFSSやわたモテの感想記事についてもそうですが、あれがまさか検索上位に来るなんて考えてもみませんでしたからね。

 

始めたばかりのブログなんて相手にされないだろうなんて思いこんでたけど、どうやら意外とそうでもないらしい。

強豪ひしめく中に挑んだらそうなるのも事実であろう一方、必ずどこかに空いている場所、隙があるんだろうなと実感した次第。

 

自分でそれを追求するつもりはありませんが、センスのある人、攻めこむのが上手い人なら、あれよあれよと言う間に階段を駆け上がっていくことができるのであろう可能性は感じます。

 

始めて僅かで数万アクセスとか行っちゃう人がいるってのもなんか分かる話。

それぐらいチャンスがあるってことなんでしょうね。

 

実はよく知らないはてなブログ

 

もう一年以上利用しているこのはてなブログ。

はてなだったからこそ続いたであろう、その扱いやすさが魅力的。

ワードプレスという言葉もよく聞きますが、何だかちょっと敷居が高い印象。

やはり、はてなから入って正解だったと強く思います。

 

ただ、実を言うと、使い方を全然知らないんですよね。

 

はてな経由で見にきてくれる人がいるのはありがたい一方、どこから来るのかどこから検索してるのか、マジでまったく知らなかったりします。

 

はてブというのがあるのは知っているけど、ほとんど放置状態。

世の中、とんでもない数のブックマークを集める人もいるみたいですが、どういうことなのかさっぱり分かってないのが本当のところ。

 

また、それで不思議なのは、読者数の増加が完全に止まったことでもあったり。

ありがたいことに、始めて一ヵ月ちょいで100人を突破したのは良かったんですが、問題はその後。

 

なんかペナルティでも貰ってしまったのでしょうかね?

それともビギナータイムみたいなのがあるのでしょうか?

記事を更新しても、うんともすんとも言わなくなったのが謎だったり。

 

記事がつまんなかったとか読む価値がなかったとかそんな段階ですらなく、そもそもどこにも載らなくなった、新規に誰も見にこなくなった、そんな印象。

 

はてな経由からのアクセスってたぶん、今は10もないんじゃないかな?

始めたばかりの時の読者増加具合ってどういう仕組みだったのだろうかと、それが興味深いところ。

 

本当、はてなブログのことって何も知らないんですよね。

使い方を勉強をすればそれが一番良いんだとは思うですが、その恩恵が何なのかもよく分かってないのが正直な話です。

 

検索機能すら知らない、どこからどう繋がるのかも知らない、書くのが好きだからそれだけでもべつにいいかと考えてしまっている、そんな状況。

 

使いやすいから他のブログに乗り換える気は今のところありませんが、はてな独自の売りとか恩恵をビックリするぐらい知らないという、妙なブログ運営を続けています。

 

【スポンサーリンク】

 

 

やる気もモチベーションもなくブログを続けたい

 

このブログの方針は今後もな~んにも変わらないでしょう。

 

むしろペースを落とそうと思ってるぐらいですし、とにかくテキトーにノンビリ、自由にやっていきたいところ。

 

noteで有料記事を始めたというのもありますが、あっちがかなりシリアスでボリュームもある分、こっちは手を抜いてだらだら続けていきたいなと。

 

ちなみにですが、

 

『ベースと腱鞘炎 怪我をしない為の左手作りと心構え』

 

こういう記事を書きましたので、興味のある方は是非読んでみてください。

1万字を軽くオーバーしている記事なので結構ボリュームあります。

 

自分が散々な目に遭っただけに、「もっと早くこういう情報を知りたかった!」とありがたくなると同時に悔しくもなる内容です。

 

note.mu

 

話を戻しまして、やる気とかモチベーションについての問題。

 

この間、ある楽器の講師をやってる友人とも話しましたが、クソ真面目に自分を追い詰めるやつほど続かない、すぐやめちゃうから上手くもならないとか、これってもうお約束なんですよね。

 

やる気がない方がいいとか、夢も野望も持たなくていいって話ではなく、それを無理に維持しようとか盛り上げようとする心理自体、すでに問題なんじゃないかと考えるわけです。

 

辛いこと、やりたくないこと、逃げたいこと、それがあるのに自分を誤魔化して好きな振りするとか、嘘くさく鼓舞して立ち向かおうとするとか、実はその時点で不安がいっぱいで負けてもいる。

 

やりたいから勝手に続いている、好きだから続けられる、自分自身が最大の理解者であり、一番のファンだったりもするという、それが望ましいのかなと感じる次第。

自分の感覚ではブログは遊び場、ゲームやってるぐらいなつもりなので、思い詰めてもしゃーないなと認識しています。

 

そりゃ、このブログで月に10万稼げるようになったとか、一日に1万PV集まるようになったなんてことだったら話は違いそうですが、ま~、まずないでしょうね。

 

だったら好き勝手にした方がいい。

誰も見てなくても自分が遊べればその方がいい。

燃え尽きたいとかそういう野望も希望も特にありません。

気負いもなくいいかげんにやっていきたいですね。

 

世の中のニュースとか負の情報とか集めるだけ無駄だし、怒りの矛先を操ろうとしている人間達に乗せられるのも馬鹿馬鹿しい。

 

自由に自分のことだけ気にして楽に生きて行きたいものです。