「ゲームの事しか頭にねぇ奴!」 いじめの記憶とその誉め言葉を思う

f:id:bakibakibass:20180708031748j:plain

ゲームと小学生の頃のいじめ

 

話しかけてもひたすら無視するという、 いまだに覚えている小5~6の時にあったいじめ。

やっぱり、こういうのってのは根が深いものなんでしょうね。

 

何の前振りもなく次の日になったら豹変していたという、恐ろしい話です。

 

とは言え自分の場合、そこまでは恨んではいませんし、そんなレベルの低いやつなんか切り捨てればいいって済みましたが、それができない人にとっては本当に深刻な問題。

暴力や金銭沙汰になるというのもまったく笑えないし、一生のトラウマになるのも酷い話。

 

いきなり重い話になってますが、そういう苦痛が世の中からなくなってほしいものだと心の底から願う次第です。

 

いじめの原因はゲーム

 

真剣な話から一点、ふざけた話になるようでちょっと申し訳ない気もするところですが、自分はゲームが大好きです。

リミッターが効かなくなると一日中やってしまう可能性がある為、今では自制を心掛けていたり。

 

で、なんだかよく分かりませんが、それが原因で小学生時代にいじめられたことがあるのが本当の話。

 

今回のタイトルにもなっている通り、

 

「ゲームの事しか頭にねぇ!」

 

こう言われて見下された記憶が残ってます。

 

ここで笑ってしまうのは、これを言ったのが自分よりも遥かに成績が劣っている奴だったり、成績が上でもお母さんに怒られるから無視するようになったとか、そういう奴だったということ。

 

前者はただのやっかみ、からかいの言葉だったとしても、後者に関してはちょっと信じられない話のような気もしますよね。

 

そいつのは母親が「ゲームが好きなんてくだらない!あの子とは一緒に遊んじゃいけません!」みたいなことを言ったらしく、それで無視するようになったと本人の口から聞きました。

 

人を無視することを親が教えるとか、そこに誘導するとか、どんだけクズいのかとあらためて考えると本気で酷い話です。

なんぼ成績優秀だったと言っても、そんな腐った性根で生きるのはどうなんだとツッコミたいところ。

 

・ゲームなど悪!

・好きなものなど持ってはいけない!

・子供は大人に従うのが当然!

・お外で遊ぶことこそが健全!

 

ま~、なんでしょう?

このクソつまらないくだらない思考。

昭和って感じですかね?

 

無視を決めこんだそいつも酷いけど、その親の方がもっと嫌いだった自分は正しかったんだろうなと。

今考えてみても1mmも尊敬できる部分がないし、好きになれる要素がありません。

 

それでもゲームは好きだった

 

「攻略に困ったらこいつを頼れ!」

 

みたいな扱いだったわたくし。

知らない奴が遊びに来ることもあったし、攻略に呼ばれて遊びに行くことなんかもありました。

 

『ネオジオ』なんてハードを持っていたこともあり、人もよく来てましたね。

いじめなんかあってないようなものと化していたのが面白い。

 

良いか悪いかはともかく喧嘩も強い方だった為、その点でいじめられることもなかったし、それもあって強い憎悪までには至らなかったのかもしれませんね。

自惚れるようではありますが、なんとなく一目置かれるような存在ではあったのかなと。

 

やっぱりこう、一直線に好きなものがある、そればっかりやってるやつって不思議な存在なんでしょうね。

自分からすればそれが当たり前なんだけど、周りというのはどうやらそうではない。

 

狂ったようにゲームやるとか、無意味に手間のかかる攻略法を見つけてみるとか、はたから見たら異常にも思えてしまう。

一方、興味のあるやつだったら気になってしまう、仲良くなりたくなってしまうという、そういうのって本当に面白いものです。

 

ゲームが原因になっていじめられたことがあったのは事実ですが、それ以上に友達ができたり、人と話す機会も増えたのは声を大にしておきたいところ。

 

・好きなものが人を魅力的にしてくれる

・人生を豊かに楽しめるようにしてくれる

・行くべき道を示してくれる可能性だってある

 

これは本当にそうだと自分は確信する次第。

 

【スポンサーリンク】

 

 

〇〇の事しか頭にないという誉め言葉

 

今ではゲームという部分が『ベース』に変わってしまった自分。

 

いや、楽器ってちょっとずるいですよね。

 

「ベースの事しか頭にない!」

 

なんか格好良くなってしまうじゃないですかと。

 

これでギター、ピアノ、歌とか、それに入れ替えたらさらにいい感じになっちゃいます。

人前で自分から堂々と言うこともできるでしょう。

 

それはともかく、周囲から見たら異常なレベルでハマってるとか、有り得ないほど詳しいとか、そういうオタク的な能力を持ってるって本当に凄いことですよね。

それが気に入らない、異分子だと排除したがる人というのもいるのが世の中ですが、そんなもんはかまわず無視した方がいい。

 

それこそ、自分の子供に友達の無視をすすめるような親じゃありませんが、それの何が正しい大人なのか、人間の在り方なのか、ふざけんなと言いたいところ。

 

「子供の将来の為!」とか言うのは分かるし、「勉強が大事!」と熱くなるのも理解できます。

 

しかし、一方的に人格を否定したり、存在そのものを認めないようなことを教えるとか、あってはならない話でしょう。

それのどこが子供の為なのか、将来の為なのか、心底疑問。

 

・好きなものを持つことは異常だという認識

・大人の頭と言葉は清く正しいのだという傲慢

・ゲームなど幼稚で低俗だと決める付ける退屈な脳ミソ

 

ホンッッット、うんざりしますね。

 

好きなことがあるのがどれだけ楽しいか、打ち込めることがあるのがどんなに幸せか、これが絶対に分からない人がといるというのもそれはそれで悲しい話。

 

昨今、生きる希望を失い、凶行に及んでしまうしまう人が増えているのではないかと懸念しますが、そういう人達も本当、何かセーフティーになるものを持っていればと強く思います。

 

それに裏切られるから余計に絶望するという面があるにしても、自分が幸せになれること、心から楽しくなれることがあるならば、それだけで絶対に違うはず。

青臭いようですが、人間ってそんなもんなんじゃないかと。

 

ベースを弾いてなければ恐らくはもうこの世に存在していなかったであろう自分。

好きなものがあることは偉大なことなのだと心の底から実感しています。

 

好きが無いなら遊べばいいし楽しめばいい

 

「そこまで好きなことなんかない・・」と悩むのであれば、それは逆にチャンスでもあります。

お約束なポジティブ思考のようですが、でも本当の話。

 

腐ってた時間があるほど変われる可能性も高くなるし、無関心・無気力が裏返って一気に熱中することも大いに考えられる。

 

なんでしょう?

講師やってる友人ともよく話しますが、完璧主義すぎたり、シリアスに悩みすぎたり、世の中にはそんな人が意外なぐらい多い印象があったりします。

 

志が高いと言うよりはもう、『諦め』から入っちゃってるんですよね。

 

「どうせ自分には無理・・」

「才能ない・・・」

「努力なんてできない・・・」

 

こういう思考に染まってると辛くなるだけ。

 

技術云々とかセンス云々とか、最初は考える必要なんかない。

とにもかくにもまずは、

 

『好きになること』

『楽しむこと』

『遊ぶこと』

 

これですね。

 

その意味では、心底興味のないことはどうやったって好きになれないし、無理してやるのも辛いし、破綻するだけ。

よく分かんないけど楽しい、長く続けても苦にならないという、それが見つかればそれだけで人生って変わるもの。

 

周囲から異端視されるとか、あまりに行きすぎてて迫害を受けるとか、それはもう最高かもしれません。

法に触れてることはさすがに推奨できないけど、好きになれることがあるなら絶対に大事にした方がいい。

 

是非是非、世の中にもっと遊びと楽しさが増えていってくれればと考える次第。

あれもこれも沢山求めなくても、人はそれだけでけっこう幸せになってしまいます。

 

「ゲームしか頭にねぇ奴!

 

いやほんと、誉め言葉ですよね。

それでお金を稼いでしまってる人もいるのが今の時代。

好きなものによる幸福と強みがあるって素晴らしいことなんです本気で。